行政書士蔵本徹馬

建設業

建設業の営業所要件

新宿区建設業専門行政書士蔵本徹馬です。

FAの話がひと段落した所ですかね。

やはりと言うかねぇ~、兎さんが獲りまくりですね。自由契約の選手なんぞ含めて。
補強と言う点では一番貪欲な監督さんですかね。
鷲さんも新GMがごっつくやっておりますね。
浅村盗りましたし。

ライオンズは現有戦力で地道に戦うだけですね。
抜けてもなお次が出て来ると言うのがライオンズの良い所です。

むしろチャンスと思って頑張ってもらいたいです。

さて、建設業の要件で結構問題となるのが営業所です。

専用の事務所を借りている場合はそれほど問題ではないのですが、自宅兼用の場合ですね。
そもそも事務所スペースを別途設けている作りであればこれもまた問題にならないのです。

しかし、部屋はが無い場合や居住空間と完全に切り離された空間の部屋で ないと適切な営業所として認めてもらえません。
特に東京都が厳しいですね。

で、今来ている相談で、ワンルームに住んでいると言う事です。
ワンルームはほぼ無理です。

が今回の部屋はいわゆる四角の部屋ではなく、L字になっております。
部屋のサイズ的には15畳ぐらいになるので、一般的なワンルームの倍の広さです。
と言う事で、玄関から入ってから一定のスペースでパーテーション(扉付)を設置すれば部屋になるのでこの場合と言うか過去においてそれで取得できました。
ただ、パーテーションと言っても天井から床までの物です。

ですが、今回は、天井にカーテンレールが付いていて、そこから床までのアコーディオンカーテンなんですよね。
この場合は果たしてどうなのかと。
10年近くそちらでやっている業者です。会社登記もそこでやっております。
さらに言えば、おひとりで生活しております。

と都職員に相談。
回答は・・・・・・「ダメとは言えないけど、いいとも言えない」

やっぱりですが、写真見てからでないと判断できないとの事でもあります。
似た様な事例はなくはないが、ワンルームでのパターンですと何ともの様です。
またもや初の的な形に成りそうです。
これからお客様と相談してみて、このままで行くかどうするかを決断してもらいます。

 

ご相談はこちら↓↓
0120‐30‐9168
(月~金 9:00~18:00)

直通 080-4606-0594

建設業許可が欲しい!!
許可業者になれた!!
の喜びの声はコチラ

 

建設業許可・経審:www.k-kyoka.com

産廃許可:www.kyoka-sanpai.net

 

収集運搬(産廃)の専門サイトはこちら

         ↓

「運ぶ」.Com

 

 

山川MVP!! 埼玉での収集運搬新規申請

新宿区建設業専門行政書士蔵本徹馬です。

山川がパ・リーグのMVPとなりました。
47本のホームランは確かにインパクトあります。

更に打点も2位でした。ライオンズ10年ぶりの優勝に大いなる貢献です。
これを機に来季はより一層の飛躍に期待です。

ライオンズからは既に浅村、炭谷と2名が抜けました。
雄星もほぼ抜けるでしょうと言う流れ。

3人の主力が抜ける訳ですが・・・・・若手もしくはくすぶっていた中堅がチャンスですね。
ここいらでまた新しい芽が出て来る事に期待です。
ライオンズは抜けてもまた次がと言う歴史があります。
優勝が遠のいてますが・・・・来年がこれらかのライオンズを占うシーズンとなりそうです。

そう言えばファンフェスで辻監督が浅村に
「内角には気を付けてね」
と。
こう言うのって今までなかったですよね。

辻監督になってチームの雰囲気が本当によくなっていると思います。
可能な限り長くやっていただきたいです。

さて、本日は朝一で定款認証の為新宿御苑公証役場から。
先月の際にもお話を頂いてましたが、今日も新制度の話をして頂きました。

11月30日からスタートするようです。
別の設立案件があるのですが、こちらが新制度で初の認証となりますね。
どのような運用なのかですね。

と認証を終えて、設立登記の司法書士へそのままパスして、私は埼玉県庁へ。
今日は建設業からの産廃です。

と言っても建設業が決算変更です。
で、その待合にて衝撃が・・・・
行政書士と思しき人が、やはり決算変更届を提出したようなのですが・・・

職員の方から漏れたひと言。

納税証明書は原本を添付してください。なので、今日は受付できません。

・・・・・・おい。

流石にこれは無いでしょうと・・・・・初めての業務だったのかもしれないですが・・・・そこやったのかぁーと。
聞ける人とか・・聞けないのか・・・ともかくお客さんの時間を無駄にしてしまったと言う事を肝に免じて下さいませと。

しかし、私も気を付けないと。
慣れていると惰性で仕事をしてしまいがち。
致命的なミスではないにしても、ミスが出てしまいますので。

時間が読めないので午後一で建設業課に行ってきましたが・・・やはりわが決算変更届あっと言う間に受理されてしまった。産廃の予約時間まで1時間以上ある・・・・・

さすがにこのタイミングで行ったらダメだよねぇ~と言う事でコバトンカフェで時間つぶしと思ったら・・・・

今日はお休みでした(T_T)

かと言って駅まで戻るのは嫌なので、近所にあるモスに入店。
10年以上ぶりに入ったが気がする。

でどうにか時間つぶしつつでしたが、待ちきれずに第三庁舎へ。
遠巻きに部屋の様子を伺うと、審査テーブルが3つほど空いている・・・
いざ飛び込み。
職員の方が
「どうぞ、どうぞ」
毎度ありがとうございます。産廃の時何処の件でもフライングで入室している気がします。

で、今日の担当者は職人芸の様な方がでした。

ともかくむちゃくちゃにスピーディーな確認で、しかもかなり正確。

10分足らずで終了。
証紙は既に購入してますので、トータルで20分かからなかったのではと。
素晴らしいですね。

今後も埼玉県の産廃の書類は丁寧に作ろうと思った週刊でした(^^♪

埼玉県でのポイントは石綿を含む時のフレコンとシートカバーであります。
フレコンは写真だけではなくカタログでしかも材質が表記されている物が必要。

シートカバーは写真があればそれを付ければ良しです。
ない場合はカタログなどで、こちらも材質が表記されている事が必要。

因みに今現在移行期間でもあるのですが更新の際に水銀の取り扱いの有無について記載する書類があります。
こちらは押印書類ですので、ご注意です。
千葉県は変更確認の書類がありますが、現在水銀の記載は2ページ目となります。
ですが、こちらは1ページ目が押印ですが、2ページ目は不要となっております。
東京都にはこのような書類が無いんですよね。

産廃のローカルルールは相変わらず健在です。
これこそ新人の時は注意しますが慣れて来ると運用の変更の確認を忘れてしまいがちですね。
教訓です。

ご相談はこちら↓↓
0120‐30‐9168
(月~金 9:00~18:00)

直通 080-4606-0594

建設業許可が欲しい!!
許可業者になれた!!
の喜びの声はコチラ

 

建設業許可・経審:www.k-kyoka.com

産廃許可:www.kyoka-sanpai.net

 

収集運搬(産廃)の専門サイトはこちら

         ↓

「運ぶ」.Com

 

 

秋山初のランニングホームラン!!

新宿区建設業専門行政書士蔵本徹馬です。

日米野球にて秋山の活躍が連日報道されております。
昨日もランニングホームランとな。

今更ながらの感・・・いえいえ、喜ばしい限り。

来年こそ日本シリーズの舞台でを期待したいです。

さて、今更ながらと言えば、先月の行政書士の東京会から発行されている会報誌に私目が取材受けまして記事になりました。

会報誌の記事

当日は都庁での相談員をやっておりまして、終了後での写真ですので、・・・・くたびれてますねぇ~^^;

多少なりとも会のお手伝いになったのならばであります。

それと、11月21日に北区の支部研修で講師をやる事になっております。

私が新人時代に何度か支部の研修とやらに出た事はあったのですが、実務をやっていないとどうにも活かせないなぁと言う感想でしたので、全く出ていなかったのですが・・・

まさか自分が講師をやる事に(今年2度目)

今回は他の業務はかなりやり込んでいる方々を対象と言う事なので、概要の話は少なめにして、お客様の相談に臨む前にどういう準備を私がしていたか、建設業許可での5つのメイン要件をどうやって活用できる知識にして行ったかと現場から得た経験の話をして行こうかと思います。

私の研修はレジュメは正直作るのはどうもと言う所ですが目次的な形で作成しております。

もし参加される方がおられましたらよろしくお願いします。

ご相談はこちら↓↓
0120‐30‐9168
(月~金 9:00~18:00)

直通 080-4606-0594

建設業許可が欲しい!!
許可業者になれた!!
の喜びの声はコチラ

 

建設業許可・経審:www.k-kyoka.com

産廃許可:www.kyoka-sanpai.net

 

収集運搬(産廃)の専門サイトはこちら

         ↓

「運ぶ」.Com

 

 

手引きに書いてあるけど・・・

新宿区建設業専門行政書士蔵本徹馬です。

浅村と炭谷の残留交渉がどうも上手く行ってないようなと言う記事を多く目にします。
やはり出て行ってしまうのでしょうかね。
本当に出て行ってしまうと・・・残念でなりませんね。

 

さて、先日都庁で相談員の当番でした。
色々と相談があるのですが、中にはそれって愚痴的な事、単なる言いがかり的な内容だったりとまぁー何ともです。
本当に相談が必要としている人の時間をそういう方が多く費やしている事を思うとねぇ~。

職員にこんな事言われたけど本当にそうなんですかと言う相談が結構あるんですが、職員の言う事が正しいですよねと返すのですがどうも自分も間違えたと言う事実を受け入れられないと言うのか、はっきり言えば逆恨み的なですね。

そんな中でも参ったと言うのが

「手引きにこうこう書いてあるのですが、本当ですか?」

・・・・・・・何なんでしょうかね、この質問者・・・・・実は行政書士だったりもします。

が、誰であるかの問題ではないですよね、常識と言うか自分で考えると言う事が欠如しすぎでしょうと。

と言う訳でここに書けないようなネタが沢山あります。
オフレコでの勉強会では鉄板ネタです(^^♪

 

ご相談はこちら↓↓
0120‐30‐9168
(月~金 9:00~18:00)

直通 080-4606-0594

建設業許可が欲しい!!
許可業者になれた!!
の喜びの声はコチラ

 

建設業許可・経審:www.k-kyoka.com

産廃許可:www.kyoka-sanpai.net

 

収集運搬(産廃)の専門サイトはこちら

         ↓

「運ぶ」.Com

 

 

準備1年、審査30分

新宿区建設業専門行政書士蔵本徹馬です。

FA宣言・・・・やはりライオンズはこの時期は騒然となりますね。
今年は浅村と炭谷。
どちらも重要な戦力であります。
何とか流失を防いで欲しい所ですが・・・・・お金以外で引き止める力が果たしてありますか・・・

 

さて、今日は都庁へ新規の申請。
10年実務経験でのパターンです。

先月も東京都で10年実務経験を3件程やっておりますが、順調に言ったお客様は準備期間が1か月程でした。

今日のお客様は初めての相談からほぼ1年かかりました。

レスポンスがかなり悪かったのですが、一番はセキュリティーポリシーの問題でした。

10年実務経験の場合では、会社の資料を色々出す必要があります。
それをする為に、稟議を出さないといけないとか、中には一切出せないから他の方法でどうにかしろとか言う場合もあります。
後者の場合はもう取れない事確定となりますので、無理ですねのひところで終わります。
・・・でも数か月後にまた連絡が来る事も多いんですよね。
どうしても建設業許可を取得しないといけない状況に陥ってるの状況の重大さをようやく理解したのと、許可が取得できない原因が自分になると言う事から慌てて連絡が来て、必要な物は全て用意しますので、何でも言ってください!!と。

しかも社長からの直接なので、部長は何も口出せない(と言うか責任問われる可能性がある)のでと。

許認可は日常の生活で接する事はほぼ無いです。
それだけにその現場を軽く考えている方が非常に多いです。

初めての相談で私の説明を聞いて目を白黒する人が殆どです。

で、戻りますが、今回のお客様の場合でも担当者はいわゆる平社員さんです。
総務ですとか経理部と言った所の。
ちょっとやって来てぐらいのノリで頼まれる訳です。

で、いざ始めるとえらい事となる訳ですが、それをいくら説明しても中々上役が聞き入れないのですよね。と言う事で必要な書類が出てこない。

しかし、必要な書類がやっと出て来ても内容が審査に耐えうるものかどうかはまた別問題。
事前に、こういう名称の書類で中身がこうなってないとダメですよと案内を出してますが、名称だけ見てほらこれだろと言う感じで・・・・

そこで再度仕切り直し。

それの繰り返しになる訳で、暫く間がまた空く・・・
そして、お尻に火が着いてようやくすべての情報が出そろったのが9月でした。

けどねぇ~、指定学科大学の人が居るからと言っていたのですが、いざ卒業証明書を見たら
「〇〇大学校」・・・・「だいがっこう」ですので、違いますねとなりました

だいがく→文科省管轄
だいがっこう→その他の省管轄 例:防衛大学校:防衛省

かなり早い段階で、卒業証明書のコピーで良いので見せて下さいと言っていたのですが、今年の9月にようやく見たらでした。
と言う事で急遽10年実務経験で行くしかないとなりました。
それ以外の資料、書類は全て整っていたのですが・・・
挙句に来年の春頃に大きな仕事を取るためにも許可ないといけないんですよどうにかしてください!!

と言ってきます。
それもで、必要な書類はこれだけありますので、それを準備して頂けないと言わないと責任をこちらにもってきますので。
確かにコンプライアンスとかあるのでしょうが、本来の建設会社さんであれば許可取得の重要性を理解しているのと我々行政書士の事を理解してくれているので、必要と思われる書類を早い段階で全て渡してくれます。

そこからの精査作業はプロである私達であるのでとてつもなく速いです。
経管の5年実務の会社でも過去最速では6日で申請まで行った事があります。
また、先日機械器具のお客様で経管専技の交代を初面談から3日で届出ができました。

本気で許可を取得を考えている、許可がないと事業展開が出来ないと言う状況の場合の経営者の行動が明らかに違います。
結果として溶融を持って取得が出来ております。

又横道それました・・・

と言う事で、本日は、担当者の方は実情を把握しており協力的な対応をしてくれていましたが、その周りの方々の理解力の低さが結果として準備に1年かかりました。
正直で揃った資料を最初から預かっていれば2カ月あれば余裕で申請まで行けたなと。

で、審査時間は結果として30分程で完了。
10年実務は大概の方は1時間を超えるようですが、私の周到な準備と窓口での職員との呼吸合わせが出来ておりますゆえにであります。

職員の方からも「いつも助かります!!」とのお言葉頂戴しております。
しかし、今回の担当者の方本当に報われて良かったです。
今度は許可維持が大変ですが・・

ご相談はこちら↓↓
0120‐30‐9168
(月~金 9:00~18:00)

直通 080-4606-0594

建設業許可が欲しい!!
許可業者になれた!!
の喜びの声はコチラ

 

建設業許可・経審:www.k-kyoka.com

産廃許可:www.kyoka-sanpai.net

 

収集運搬(産廃)の専門サイトはこちら

         ↓

「運ぶ」.Com

 

 


QLOOKアクセス解析 にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ