行政書士蔵本徹馬

解体工事業、専技の実務経験

新宿区建設業に特化してる行政書士蔵本徹馬です。

ライオンズようやく裏ローテの頭を先発が獲りました。
鴎さんの調子が悪いのもありますが、それでもいい流れがこれでできれば表と裏で貯金が出来る可能性が高まりました。

  建設業許可・・なにをすればいいの(+o+)⇒0120‐30‐9168 月~金 9:00~18:00 

野上を裏ローテの頭に据えてと言うのもある意味野上への期待と自覚を促す意味ではと取れたのですが、昨日に関しては良い感じでそれが体現されていたような感じですね。
いつもよりも投げ込み後に気迫籠っていたような印象。
これで裏ローテでもカードが取れる体制が整うか、今日の光成の頑張りしたいと。

さて、建設業の事もたまには書かないとですが、解体工事業が設置されてもうじき1年となりますが、現場の混乱は相変わらずですね。
3月と4月で求める資料が変わったりもしております。

東京都は以前からでしたが、千葉県でも同じような取り扱いになったようで、専任技術者の実務経験をとびの許可業者に証明してもらう場合には、その年数分の年度報告書と表紙ととびの工事履歴をセットで提出するよう求められました。

H28年5月31日まではとびの工事の許可を持って入れれば解体工事業の経験として見るとなっておりますが、経管の場合はそれだけでも良いとなっておりますが、専技の場合はその間に解体工事を実際にやっていたかを確認する必要があるのでと言う事です。

その為、もし、工事履歴に解体工事の記載が全くなければその年度は専技の実務経験としては評価できませんとなります。
今後、強化業者の証明をお願いする際には年度報告書が残っているかどうかも併せて確認が必要です。

千葉県はコピーで大丈夫です。
東京都もさすがにこれについてはコピーでいいと思いますが・・・・・原本と言いかねない所もあるのが怖いですね。

お願いする会社にも残ってないとなると、閲覧コーナでコピーできる所だけとなりますので、経験年数の確認は慎重に行ってください。

ご相談はフリーダイヤル
0120‐30‐9168
(月~金 9:00~18:00)

直通 080-4606-0594

建設業許可が欲しい!!
建設業許可・経審:
www.k-kyoka.com

産廃許可:www.kyoka-sanpai.net

 

収集運搬(産廃)の専門サイトはこちら

         ↓

「運ぶ」.Com

気軽にはじめられます。
私も使っています。

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin


QLOOKアクセス解析 にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ