行政書士蔵本徹馬

経営業務管理責任者の説明はどうしたら・・

新宿区建設業専門行政書士蔵本徹馬です。

オールスターブレイクとなりました。
ここで、各球団前半戦の反省を基に後半戦に向けて戦略会議でしょうかね。
ライオンズの場合は・・・・抑えでしょうかね。

  建設業許可・・なにをすればいいの(+o+)⇒0120‐30‐9168 月~金 9:00~18:00 

さて、今日は表題からして仕事モード的なですが、先日も新人研修で話をしましたが、お客様と会った時に、相談を受けた時にどう話せば良いのかと言う問題に直面しますよね。
講習や研修で講師をした時に書類の書き方を教えて欲しいと言う方が良くいます。
では、そのように記載するのは何故か?→ヒアリング結果からだと思います。
と回答がされます。

ならば、その回答引き出すためにどのような質問をすると良いかと聞くと→・・・・・

そう言う事よね、ってどう言う事となりますね。
相談者に対してどのような質問をして行けば良いか自分の中で出来上がってない方が多いです。

いわゆるノウハウ本や講座では、テクニカル的な事は知れるかもしれません。

しかし、根本的などうやったら受任できるのかと言う話がされてません。
私の経験上ですが(さほど多くの本や講座にあたっておりませんが)

で、数は少ないですが有料のセミナーにも参加してすぐに私が感じたのは、これでは営業トーク出来んなと感じて参加するのをやめました。

 

と話がそれましたが、ヒアリングをする一番目的はどうやったら申請書類の形式に当てはめて行けるかと言う情報を引き出す事です。
そこで、経営業務管理責任(以降経管)とは、と質問しても回答がえらる事は少ないでしょう。
どうかみ砕くか、これは自信がどう理解しているかにかかっております。

新人当初ではこの理解内容が大した事ないのでまともな説明も出来ない処か先走りてきな話をしてしまって、その後二度と戻ってこないと言う事がしばしばでした。

さて、経管ですが、あくまでも私の頭の中に入ってるものを文章化してみます。

建設業の工事の内容の説明をして価格交渉して契約を責任をもってやった経験がある人。

経験年数が5年以上で、5年間は経験した業種だけ経管としての能力があると見てくれて、6年を超えたら、
建設業全てについて理解のある経営者と見てもらえるので技術力があるもの何でも経営出来ますよ。

 

と言う感じで頭に入っております。
そして、相談者の方に応じて表現を変えてみたり、追加したりしてヒアリングを行っております。

自分自身が理解できていれば、色んな回答パターンに対して対応して行けますので、ご相談者様も信頼を持ってくれます。
ので、一度話が終わっても、後日再度の質問ですがと言うようにリピートしてくる回数が増えてくれば、受任率も上がります。

テクニック偏重と言う言葉がありますよね、最近。
確かにテクニックは必要ですが、その前に基礎がどれだけしっかり作り上げているかが大事かなと。
これもまた私自身の経験上の話ですが。

 

ご相談はフリーダイヤル
0120‐30‐9168
(月~金 9:00~18:00)

直通 080-4606-0594

建設業許可が欲しい!!
許可業者になれた!!
の喜びの声はコチラ

 

建設業許可・経審:www.k-kyoka.com

産廃許可:www.kyoka-sanpai.net

 

収集運搬(産廃)の専門サイトはこちら

         ↓

「運ぶ」.Com

 

 


QLOOKアクセス解析 にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ