行政書士蔵本徹馬

定款の目的・・・適当過ぎ

新宿区建設業専門行政書士蔵本徹馬です。

気が付けば、3月。
気温が徐々に暖かくなってきました。
オープン戦が開催されて来ていよいよ開幕となりますね。

  建設業許可・・なにをすればいいの(+o+)⇒0120‐30‐9168 月~金 9:00~18:00 

昨晩は行きつけの野球バ-にてライオンズ戦を観戦。
相手は鷹さん。
・・・・・満塁は何度もあるのですが、タイムリーが出ません。
うまくかわされていますよね・・・・・。

得点が中村のホームランとか、押し出しとかでした・・。

今シーズンも少し不安を感じさせますね。

さて、最近新人の行政書士からこの定款の目的内容で大丈夫ですか?と言う相談をちょいちょい受けております。

ぎりぎりセーフ的な物が多いですよね。
許認可について甘く考えている他士業の方作ですと時には全く持って直す必要が出てきてしまう物があります。
たまに行政書士が作ったものが出てくると・・・・引いてしまいます。
私も開業当初に作成した定款を見ると・・・情けない気持ちになりますが。

過去において建設業許可において目的内容をかなり厳密に考えられていた時代があるようですが、現状はかなり広く見てくれています・・・・でも拾いきれない時もあるので。

特に注意が必要なのが電気通信と管です。
他の物は建築工事や土木工事でとなりますし、電気については記載されている事が多いのですが、上記2点は独立系なので明示しておく必要があります。

先日来た相談では、
CATVの工事とか光ファイバー回線工事と言った言葉があったので電気通信は何とかなりますねと回答できました。

ただ、気になったのが、
「一般電気工事」
まぁ―電気工事業を取得する際には大丈夫だと思いますが、一般電気工事ってどんな工事ですかね。
しかも一般以外はどんな工事なのでしょうか・・・・と言う審査官の苦笑に満ちた質問が来そうです。
私が過去にやったものでも一般建設業と書かれていたものがありまして、いったい何のつもりとえらい剣幕で突っ込まれたのですが・・・
「私が作成したものではないので」
の一言でそうでしたねとなりました。

定款の目的に記載する文は決め打ち的に書かなければならない時もありますがそれでも内容は実態に即した物にして頂かないと時限爆弾になる可能性があります。

会社設立は簡単だと考えている人が多いようです。
確かにですが、それでも慎重にすべき場所はしておかないと登録年数が単に長いだけの方と言われてしまいますので。

改めて私自身も気を付けないとと思う場面でした。

ご相談はフリーダイヤル
0120‐30‐9168
(月~金 9:00~18:00)

直通 080-4606-0594

建設業許可が欲しい!!
許可業者になれた!!
の喜びの声はコチラ

 

建設業許可・経審:www.k-kyoka.com

産廃許可:www.kyoka-sanpai.net

 

収集運搬(産廃)の専門サイトはこちら

         ↓

「運ぶ」.Com

 

 


QLOOKアクセス解析 にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ